文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

林業技術定期研修(木材利用研修)
「国内の木材事情と木材産業の再生について」
―兵庫県内の木材関係企業は今後どのように対処すべきかー


月/日
(曜日)
担当事務所名
担当課名
TEL 発表者名 その他の配布先
6/17
(火)

兵庫県立農林水産技術総合センター
森林林業技術センター

(0790)
62-2118

所  長 松 田 博 文
(副所長 井 上 康之亮)

 


 兵庫県では、スギ、ヒノキの人工林が成熟しつつあり、10年後には46年生以上の人工林が70パーセントを占める。このような森林資源の充実や外材輸入環境が変化する中で、宍粟市に年間13万㎥規模の原木を取り扱う「県産木材供給センター」が平成22年度から本格稼働する。
 兵庫県内の木材関係企業等においても、県産木材、国内外の木材事情、将来の動向等に対する関心が高まっている。このため、この分野に造詣の深い、鹿児島大学農学部の遠藤日雄教授を招き、講演会・意見交換等により、兵庫県内の木材関係企業が今後どのように対処すべきかを考えていく契機とすることを目的に開催する。
                                   記

 1 開 催 日 時   平成20年7月11日(金) 13:00 ~ 15:00

 2 開 催 場 所   イーグレひめじ 4F セミナー室A 
   姫路市本町68番290(JR姫路駅から北へ600m)電話:(079)287-0800

 3 主  催   兵庫県立農林水産技術総合センター 森林林業技術センター
           兵庫県木材利用技術研究会、県産木材促進協議会

 4 内  容
 (1) 講  演   「国内外の木材事情と木材産業の再生について」
          鹿児島大学農学部 遠藤日雄教授
 (2) 意見交換会

 5 募 集 人 員   50名(会場の都合により定員になり次第締め切らせて頂きます)

 6 申 込 方 法 6月末までにFAXにて森林林業技術センター普及部まで
    FAX:(0790)62-9390、電話:(0790)62-2118 





トップページへ