文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

農村起業ステップアップ講座の開催
―法人の特徴と経営管理―


月/日
(曜日)
担当事務所名
担当課名
TEL 発表者名 その他の配布先
9/29
(月)

兵庫県立農林水産技術総合センター
(普及部)

0790-47-2400

所長 小池 孝司
主幹(広報情報担当)   田中 潔

 


 1 趣 旨
  県下の農村では「米」をはじめ、「淡路のタマネギ」や「丹波の黒大豆」などの全国ブランドになっている農産物をは じめ、広域流通や地域流通など多様な形での農業生産が進められている。
  その一方で、女性や高齢者などのパワーは、転作田や農家の庭先周辺農地などを利用して直売や自家消費のた めの農業生産や農産物加工も取り組まれてきた。
  いま、農村では市場流通などを目的とする商品としての農産物生産は別格として、商品としての競争力を伝統的な 手法や新たな消費者ニーズにこたえた加工による「高付加価値型農産加工起業活動」が着目されてきている。
  当センター普及部専門技術員と農業改良普及センター普及指導員は連携し、かねてよりこれらの農村起業の支援 に取り組んできた。そこで得たノウハウを生かした指導者向けの手引き「農村起業ステップアップマニュアル」を取り  まとめるとともに、それを活用し農村起業のなかでも「企業組合等などの法人化」による事業規模の拡大を目指して  いるグループの代表者や実務責任者に対して、『農村起業ステップアップ講座』を開催する。
  この研修では、ご自身のグループの目指す具体的な法人化の手続きの手順、普及指導員の支援方法等のノウハ ウをともに身に着けていただきたいと願っている。
  この講座には、同様の企業を支援する『兵庫県中小企業団体中央会』にも、ノウハウをいただいている。

 2 開催日時
   平成20年9月29日(月)13時30分~16時30分

 3 会場
   兵庫県立農林水産技術総合センター3階会議室

 4 受講者
   (1) 法人化などの企業のステップアップを目指すグループ指導者:30名(10グループ)
   (2) 参加グループを支援する農業改良普及員:10名                計40名程度

 5 プログラム
   (1) 法人の特長と経営管理について         起業ステップアップマニュアル作成者グループ
   (2) プレゼンテーション~先進事例に学ぶ~    投石満雄氏(中小企業診断士)
                                   県内で企業組合を立ち上げた先進グループ代表者

                                             (担当)普及部 電話0790-47-2413

参考添付資料(PDFファイル:160KB)
                              

トップページへ