文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

海外からの研修生の受入れについて


月/日
(曜日)
担当事務所名
担当課名
TEL 発表者名 その他の配布先
4月27日
(月)

兵庫県立農林水産技術総合センター

0790-47-2400 所長 和田 眞由美
 (主幹(広報情報担当)
 井上 智)
なし

 兵庫県立農林水産技術総合センターは、国際交流の一環として、海外からの研修生を受け入れています。
 このたび、独立行政法人国際協力機構(JICA)の研修を下記のとおり受け入れます。

                                  記

1 アグロバイオテクノロジーコース研修

  (1) 研修日時   平成21年4月28日(火)13:30〜15:30
  (2) 研 修 生    4か国6名(ブラジル、ヨルダン、シリア(2名)、トルコ(2名))
  (3) 内   容    当センター施設の概要説明及び見学

2 環境安全のための化学物質のリスク管理と残留分析コース研修
  (1) 研修目的
    途上国における化学物質のリスク管理担当行政官やモニタリングを行う試験研究機関の技官を対象とし、
   化学物質による環境及び食料の汚染、それらの生態系や人の健康などに関するリスク評価・管理、リスク管
   理に必要な監視(モニタリング)に関する分析技術についての総合的な習得を行う。
  (2) 研修期間
   平成21年5月11日(月)から5月29日(金)まで
  (3) 研修生
   4か国8名(キューバ、セルビア、トルコ、ベトナム各2名)
  (4) 研修内容
    ○環境中の残留農薬分析
    ○土壌中の重金属の分析
    ○植物中の硝酸の簡易測定
    ○農業用水の水質分析
    ○農薬処理による土壌中の微生物量の変化
  (5) その他
    ○この研修コースの日本における研修期間は、平成21年2月16日から8月22日まで
    ○この研修コースは、平成11年度から実施


(参考)
平成20年度海外からの研修生等受入れ実績(主なもの)

1 JICA(独立行政法人 国際協力機構)研修
  (1) アグロバイオテクノロジー
    日  程:4月30日 1日間:県立農林水産技術総合センター
    研修員:6か国8人
  (2) 環境負荷物質の分析技術及びリスク評価コース
    日  程:5月7日(水)〜5月27日(火)15日間:県立農林水産技術総合センター
         (日本全体の研修期間2月12日〜8月15日)
    研修員:7か国8名
  (3) 植物保護のための総合防除コース
    日  程:8月18日〜22日 5日間 県立農林水産技術総合センター、淡路農業技術センター
    研修員:9か国13人
  (4) 食品の安全性確保コース
    日  程:9月19日 1日間:県立農林水産技術総合センター
    研修員:4か国6名
  (5) ブルキナファソ国別研修(テーマ:伝統野菜の研究状況)
    日  程:11月28日 1日間 県立農林水産技術総合センター
    研修員:1か国1名

2  中国青年訪日団「地方青年指導者」団の兵庫県訪問(テーマ:食の安全について)
    日  程:11月13日 1日間 県立農林水産技術総合センター
    研修員:20人

3  中国農業研修団(国家専門家局派遣)(テーマ:食の安全について)
    日  程:12月11日 1日間 県立農林水産技術総合センター
    研修員:18人

4  中国安徽省農業研修団
    日  程:12月8日 1日間 県立農林水産技術総合センター
    研修員:22人

5  中国河南省鄭州市農業研修団(農業大学校の訪問研修)
    日  程:12月22日 1日間 県立農林水産技術総合センター
    研修員:11人

   合計 9件 延べ 107名
 

トップページへ