文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

イチゴうどんこ病に対する近紫外光の現地実証が進む


月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) その他の配布先
1/25
(月)

県立農林水産技術総合センター
(農業技術センター 環境病害虫部)
 
0790-
@47-2447
A47-2400
所長 和田 眞由美
@研究主幹((防除指導担当)
相野 公孝
A主幹(広報情報担当)
 井上 智
県政記者クラブ

 特殊な波長の光(紫外光)をイチゴに照射して、イチゴの免疫機能を高めて丈夫にし、病気に罹りにくくする発病抑制装置(商品名:タフナレイ 当センターとパナソニック電工鰍ェH20年6月に共同開発)を使うことで、1.うどんこ病発病前からの照射によって大幅な減農薬が可能、2.副次的に果実の着色や甘さの向上の傾向も見られる等、現地においてもその効果を実証し、来年度からの導入を目指します。
1 タフナレイの現地実証状況
(1) イチゴうどんこ病に対する効果
○平成20年度
 神戸市西区で土耕栽培「さがほのか」の実証試験を行い、慣行栽培に比べ1/10程度(図1)に、西脇市では高設栽培「さちのか」で実証試験を行い、慣行栽培と同等〜やや低め(図2)にうどんこ病の発生を抑えました。
○平成21年度
 神戸市北区で高設栽培「章姫(あきひめ)」の実証試験を行っており、現在までのところ慣行栽培以下に発病を抑えています。
(2) 品質向上等副次的な効果
 着色や甘さ(糖度0.5〜1度)が向上し、品質が高まることを確認しました。(図3〜7)
2 タフナレイの普及
(1) 本実証試験の結果を踏まえて、H22年度から県野菜指定産地である神戸地域での導入を目指します。
(2) また、県下全域のハウスイチゴ栽培農家300戸(約30ha)に導入を働きかけます。
(3) 利用できる対象作物や対象病害の拡大を、今後検討していきます。
参考
1 タフナレイ装置の概要
 特殊な波長の光(紫外光)を発生する照明器具(タフナレイ)をほ場に設置し(標準施工で高さ2m、間隔5m)、イチゴの植え付け後発病前に午前9時〜午後3時までの6時間照射するものです。
タフナレイの装置 ほ場への設置状況
タフナレイの装置 ほ場への設置状況

2 タフナレイのコスト
 ○初期導入費用として植物病害防除用照明装置(商品名:タフナレイ)の経費は約100万円/10a、耐用年数は約10年
 ○紫外光蛍光灯は2年に1回更新(約350千円/10a)
 ○今後、量産が進めば、導入費用も下がる見込み
3 タフナレイの効果
 ○昨年度の現地実証試験の結果、慣行区(従来の栽培管理)と比較して、土耕栽培・高設栽培ともにうどんこ病を低く抑えることがで  きました。
 ○本年度も高設栽培(章姫)で試験を実施中です。
タフナレイ効果のグラフ
タフナレイ効果のグラフ
イチゴ果皮のアントシアニン含有率におよぼすUVB照射の影響
図3 イチゴ果皮のアントシアニン含有率におよぼすUVB照射の影響
 アントシアニンとは、イチゴの果実を赤くしている色素です。この数値が大きいほど色が濃いと言えます。ここではもともと果皮色の薄い品種「さがほのか」を使って1〜5月までUV(タフナレイ)照射によって、着色が向上することがわかります(品種:さがほのか、神戸市西区)。
果実の糖組成グラフと果実の遊離全糖グラフ
図4 果実の糖組成 図5 果実の遊離全糖
果実の糖組成はショ糖・ブドウ糖・果糖で構成されていて、UV(タフナレイ)照射によってショ糖含量が増える傾向にあります(品種:さちのか、西脇市)。 UV(タフナレイ)照射によってショ糖含量が増える(図4)ことにより、全体の糖度が上がる傾向にあります(品種:さちのか、西脇市)。
タフナレイ果実と慣行区果実の比較写真
図6 日表面のタフナレイ果実(左)と慣行区の果実(右) 図7 日裏面のタフナレイ果実(左)と慣行区の果実(右)
 太陽光が当たる果実の日表面では、UV(タフナレイ)照射による果皮の着色向上効果はあまりわからない(図6)が、太陽光が当たらない果実の日裏面ではUV(タフナレイ)照射によって着色が向上します(図7)。品種:さちのか(西脇市)

4 タフナレイ使用上の注意
 ○うどんこ病が発病してからの照射では効果が劣るので、できるだけ、発病前から照射する。
  既に発病している場合は化学農薬を散布してから使用する。
 ○タフナレイは朝9時から午後3時までの6時間点灯を基本としている。点灯中はハウスに入らない。
  作業のためにハウスに入る場合は、スイッチを切る(日焼け防止)。
 ○その他、導入に当たっては、製造メーカーであるパナソニック電工鰍ノ問い合わせること。
 パナソニック電工株式会社 照明事業本部 施設・屋外照明事業部
  屋外商品企画グループ 新事業推進チーム タフナレイ担当者
  〒571-8686 大阪府門真市大字門真1048

  TEL:06-6908-1131(大代表) http://denko.panasonic.biz/Ebox/tafna-ray/contact/

トップページへ