文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

ピオーネや藤稔(ふじみのり)に続く、次世代のぶどう品種の検討!!
−平成22年度大粒系ぶどう栽培研究会の開催について−


月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
8月27日
(金)

県立農林水産技術総合センター
(企画調整・経営支援部)
 
0790-
@47-2432
A47-2400
所長 和田 眞由美
@主幹(農業普及担当)
 林田 雅夫
A主幹(広報情報担当)
 井上 智
県政記者クラブ
北播磨県民局


 本県のぶどう中心品種はマスカット・ベーリーA(44l)ですが、消費者の嗜好は大粒系(ピオーネや藤稔等)を中心に多様化の傾向にあります。消費拡大のためにも、次世代品種の情報収集や更新が重要な課題です。
 近年、着色の良い赤色系や皮ごと食べられる青色系など特徴あるものが品種登録され、注目されています。
 そこで、これら新品種の食味や栽培特性の情報を交換するため、県内各地で生産者や当センターが試作しているものを持ち寄り(10品種程度)、次世代品種を探る研究会を開催します。
                                  
                    

1 開催日時  平成22年9月8日(水)14:00〜16:00

2 開催場所  県立農林水産技術総合センター本館3階会議室
            住所:加西市別府町南ノ岡甲1533
            電話:0790-47-2400、FAX:0790-47-0549

3 主  催   兵庫県果樹研究会
           県立農林水産技術総合センター

4 参 加 者   県下ぶどう生産者・関係者約50名

5 研究会の内容
           (1) 外観・食味調査
           (2) 品種毎の栽培特性について意見交換
               (赤・青色系品種を中心に)
昨年度実施した研究会の状況
    昨年度実施した研究会の状況
(参考)
1 主な生食用ぶどう産地の栽培状況(平成20年産)
産 地 面 積 主な品種 産 地 面 積 主な品種
県全体 164f 丹波市 16f ベーリーA、ピオーネ、藤稔
三木市 45f ベーリーA、藤稔、ピオーネ 神戸市 10f ベーリーA、ピオーネ
加西市 34f ベーリーA、ピオーネ、藤稔 豊岡市 10f ピオーネ、ベーリーA
2 赤・青色系ぶどうの注目品種の特徴(主なもの)
名  称 特  徴
シャインマスカット 緑色でマスカットの香りと甘味が強く、皮ごと食べられる。
クィーンニーナ 赤色、大粒で上品な味。(H21年度登録された新品種)
ゴルビー 赤色で果粒が大きい。
翠  峰 緑色で非常に粒が大きい。

トップページへ