文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

秋口の温暖化による花付きの不良に悩むイチゴ農家に朗報!!
気化熱利用で株もとを涼しくし、花芽形成を安定化−兵庫方式高設栽培装置を改良−


月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
7月27日
(火)

県立農林水産技術総合センター
(農業技術センター 農産園芸部)
 
0790-
@47-2423
A47-2400
所長 和田 眞由美
@研究主幹(野菜担当)
 秋山 隆
A主幹(広報情報担当)
 井上 智
県政記者クラブ
北播磨県民局


 イチゴは秋口に日長が短くなり、気温も低下してくることによって花芽形成のためのスイッチが入ります(花芽分化)。ところが近年は、ハウス内への定植後、花芽形成が始まる気温(25℃)への低下が1〜2週間遅れ、花芽形成の遅れや株によるばらつきが生じ、収穫開始の遅れから最も需要の多い12〜1月の収量低下が問題になっています。
 この度、県内で普及している兵庫方式高設栽培装置※1(約4.1f導入)を基本に、培地から気化熱を奪うことによって温度を低下させ、特に第1次腋花房※2の花芽分化の遅れを簡易に回避できるよう、改良しました。

  ※1:直管パイプとL型鋼を組み合わせた簡易な装置で、自家施工が可能。栽培ベッドは閉鎖系で使用した養液は回収でき、
     循環利用も可能。
  ※2:いちごの花は、比較的まばらな房状に付き、これが何回か出てきます。最初の房を頂花房、次からは腋花房(えきかぼう)と呼び、
     順に第1次腋花房(頂花房の次)、第2次腋花房・・・と呼びます。


1 技術の内容
 
栽培容器の下部の排水用のメッシュ状パイプ(写真、図)にダクトを接続し、風を送ることが出来るようにします(写真)。パイプ周辺は、かん水により常に湿った状態にあり、そこに送風すると気化熱を奪い、培地の温度を間接的に下げます。
○使用期間:定植(9月上旬〜下旬)後から約1カ月間
○品種により、冷やしすぎると花芽分化は早まるが生育が遅れることがあるので、花芽分化の状況を絶えずチェックし、花芽が確認できしだい送風を終了する。
   高設栽培装置の排水用パイプに、ダクトと塩ビ管で風を導く


2 技術の効果
○送風により、地温を下げることができた(昨年のデータで最大約3℃低下)。
○そのため、第1次腋花房の開花が早まった(50%開花日で比較すると、昨年は「さちのか」で約2週間、「章姫」で約1週間前進)。
○慣行と比べ、さちのか500s/10e(26%)、章姫400s/10e(18%)増収しました。

3 収支等
(1) 収支見込み                                                      (10e当たり)
  収量(早期※1) 販売額(早期※1) 増加経費※2 所  得
送風型 さちのか 2.4t(1.1t) 230(142)万 2.3万円 102万円
章姫 2.6t(1.4t) 243(189)万 113万円
慣行型 さちのか 1.9t(0.8t) 180(104)万 60万円
章姫 2.2t(1.3t) 206(174)万 83万円
   ※1:早期は、収穫開始〜1月末まで。収量は〜4月末まで。販売額は神戸市場2001〜2008年度平均単価から算出
   ※2:増加経費は初期投資÷耐用年数(ダクト:2年、塩ビ管:8年)+ランニングコスト

(2) 増加経費(ハウス10eあたり、900h×2の送風機能を有する加温機1台が導入されている前提)
○栽培装置に導風するポリダクト及び接続用塩ビ管、テープ
ダクト:2本×5,000円/200m=1万円
塩ビ管や継ぎ手等:ベンチ当たり約500円×30ベンチ=1万5千円
○ランニングコスト(電気代)
900h×2台×12時間×30日×25円/kWh=1万6千円

4 当技術の導入対象と実施上の留意点等
○兵庫方式高設栽培装置利用者または導入予定者のうち、栽培環境を積極的に制御し、有利販売を目指す生産者(約20戸)
○ハウス内加温機がない場合や送風能力が不足する場合には、送風ファン(2万円程度)をベンチ2台につき1個程度設置することで、この技術を利用可能となる。

5 今後の方針
 今後は、県下主要4品種(章姫、さちのかの他、紅ほっぺ、さがほのか)ごとの好適冷却期間などを決定し、より確実な効果が得られるよう使用法・使用基準のマニュアル化を進めます。


    ※本研究は、農林水産省委託プロジェクト「地球温暖化が農林水産業に及ぼす影響の評価と高度対策技術の開発」により、
      独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センターとの研究協力で実施したものです。


参考:当センターでの試験結果
送風による培地冷却と収量


イチゴの兵庫方式高設栽培(230KB)

トップページへ