兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-

平成23年漁期のあかいか(ソデイカ)漁業について

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
1月30日
(月)
兵庫県立農林水産技術総合センター
但馬水産技術センター
0796-
36-0395
所長 堀 豊
(主任研究員 西川哲也)
県庁記者クラブ


今漁期(H23年漁期)の あかいか(ソデイカ)漁業について取りまとめたので、資料を配付します。


1 平成23年漁期の漁況
 平成23年(2011年)の漁獲量(速報値)は、但馬漁協津居山支所6.6トン(2010年は13.0トン)、竹野支所4.6トン(同15.2トン)、柴山支所7.9トン(同16.2トン)、香住本所14.4トン(同46.7トン)、浜坂漁協2.0トン(同22.7トン)、合計35.4トン(同114.2トン)となり、最近5か年の約半分と低調であった前年と比較しても、31% と極めて低調な水揚げとなりました。

今漁期、漁獲量が減少した要因として、
 @あかいか漁が盛んな沖縄周辺海域等においても極端な不漁であったことから、日本周辺海域のソデイカ資源水準自体が低かったこと
 A日本海への来遊量も少なかったこと
 B好漁が続いたしろいか漁に漁獲努力が向いたこと等が考えられます。

2 その他
  1)詳細は別紙資料のとおり
  2)本情報は、当センターのホームページにも掲載しています。
     (http://www.hyogo-suigi.jp/tajima/index.htm

 【平成23年(2010年)漁期のソデイカ(あかいか)漁況とりまとめ(PDF:195KB)

トップページへ