兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-
〔就農チャレンジ研修〕
就農準備研修並びに栽培技術基礎研修(有機農業)の受講希望者を募集します

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
3月17日
(木)
県立農林水産技術総合センター
農業大学校
0790-
47-2441

所長 秋吉 秀剛
(農業大学校副校長
池内  敏久)

北播磨県民局
県政記者クラブ


 農業大学校が主催する短期研修〔就農チャレンジ研修〕のうち、【就農準備研修(春期)】並びに【栽培技術基礎研修(有機農業)】の開講スケジュールが近づきましたので、下記により受講希望者の募集を行います。

1 就農準備研修(春期)

 (1) 研修の趣旨

 兵庫県内での就農を希望する者を対象に、新規就農希望者が新規就農に取り組む前に理解しておくことが望ましい農業に関する一般的な知識・技術の習得、研修者自身の就農構想の明確化を支援します。

 (2) 研修の日程及び内容

日程

形態

研修内容

4月14日(木)

講義

県内の就農支援施策と支援組織

新規就農に必要な心がまえ

就農支援のための研修のいろいろ

意見交換

新規就農に向けて







 



 
  (3) 募集定員:50名

  (4) 募集期間:平成28年3月17日(木)〜4月6日(水)

(5) 応募方法

@ 本校ホームページ若しくは左記QRコードから読み取った申込入力フォームを用いて申し込み。

A 本校ホームページからダウロードした申込書を用いて申し込み(ファックス可)なお、最寄りの県民局、農業改良普及センター、市町等でも申込書の入手は可能です。

入力フォーム

携帯電話

スマートフォン




 

↑携帯電話等入力フォーム↑

    












2 栽培技術基礎研修(有機農業)

 (1) 研修の趣旨

兵庫県内での就農を希望する者及び専業をめざす農業者を対象に、県が進める環境創造型農業の考え方と「天地有機」に基づいた有機農業の基礎知識と技術の習得を支援します。

 (2) 研修の日程及び内容

午前中は座学を主体とし、午後は実習を主体とします

日程

形態

研修内容

4月21日(木)

講義・実習

有機農業の考え方、保田ぼかし肥料づくり

5月12日(木)

講義・実習

堆肥の効用と利用、果菜類の植え付けなど

6月16日(木)

講義・実習

野草の効用と利用、果菜類の栽培管理

7月14日(木)

講義・実習

土と野菜の関係、果菜類の栽培管理

8月10日(水)

講義・実習

保田ぼかしの効用と利用、保田ぼかし肥料づくり

9月15日(木)

講義・実習

化学肥料と農薬の問題点、大根の播種など

10月13日(木)

講義・実習

アミノ酸の有効性、試験研究の取り組み

11月17日(木)

見学

有機農業実践圃場の見学など

12月16日(金)

講義・実習

野菜の文化史、大根の加工など

1月12日(木)

講義・実習

有機農業の時代、受講生の2分間スピーチ

(3) 募集人数 : 50名

(4) 募集期間 : 平成28年3月24日(木)〜4月13日(水)

 
(5) 応募方法

@ 本校ホームページ若しくは左記QRコードから読み取った申込入力フォームを用いて申し込み。

A 本校ホームページからダウロードした申込書を用いて申し込み(ファックス可)
なお、最寄りの県民局、農業改良普及センター、市町等でも申込書の入手は可能です。

                            

入力フォーム

携帯電話

スマートフォン

↑携帯電話等入力フォーム↑

    










3 受講料
   

 無料(研修で使用する資材の購入費等は各自に負担いただく場合があります)

4 問い合わせ先

兵庫県立農業大学校 研修課(兵庫県立農林水産技術総合センター内)

〒679-0104加西市常吉町1256-4  пi0790)47−2445  Fax(0790)47-1772

[参考]平成28年度就農チャレンジ研修実施計画(別添

トップページへ