兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-


主食用米オリジナル品種育成に係る施設等の整備について

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
8月9日
(火)
県立農林水産技術総合センター

0790-
47-2408

所長  山内 博司
(研究主幹 池上 勝)
北播磨県民局
県政記者クラブ

 新たなブランド米を創出するため、兵庫県立農林水産技術総合センターでは、平成28年度よりJAグループ兵庫との共同研究で本県オリジナルの水稲新品種の育成を開始しました。育種の年限短縮(通常14年程度を9年程度に短縮)により取り組むこととし、この度、新たに育種に必要な施設の改修及び分析機器等を導入しました。

つきましては、下記のとおり、共同研究者であるJAグループ兵庫の関係者に改修した温室や新たに導入した分析機器の紹介などを行いますので、お知らせします。

                              記

1 日 時  平成28年8月12日(金)10:30から12:00まで

           (※10:00より関係会議、10:30より施設見学開始)

2 会 場  兵庫県立農林水産技術総合センター

加西市別府町南ノ岡甲1533  TEL 0790-47-2400(代表)

3 内 容

(1)改修した施設の紹介

   育種用に改修した温室の紹介及び温湯除雄法による人工交配の実演

(2)食味評価の実演等

   導入した分析機器の紹介及び食味評価の実演



                           トップページへ