兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-


日本酒の輸出促進に向けた海外有識者を招聘した日本酒輸出セミナーの開催


月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
2月14
(水)
県立農林水産技術総合センター

0790-47-2408

所長  山内 博司
 (農産園芸部長 澤田富雄)
北播磨県民局
県政記者クラブ
 兵庫県立農林水産技術総合センターでは、輸出用の日本酒醸造に適した酒米新品種の育成とその品種を使用した日本酒の輸出促進を目指した研究に取り組んでいます。
 この度、主要な日本酒の輸出先である香港から、権威のあるソムリエや香港の和食・日本酒専門誌の編集長を兵庫県に招聘し、香港での日本酒事情や売れる日本酒のポイントなどを紹介して頂きます。セミナーに取材に来て下さいますよう、お願いいたします。
 また、あわせて県内の酒造メーカーを訪問し、意見交換等を行います

1 招聘する海外有識者
    AWSEC※1:ソムリエ 梅 康妮 氏(呼び名:Ms. Corinne Mui)
    UMAI※2:編集長 陳 銘基 氏(呼び名:Mr. Micky Chan) 以上、2名
    〔通訳:香港経済交流事務所 所長補佐 莫 敏儀 氏(呼び名:Mok Man Yee Kelly)〕
    ※1:AWSEC:Asia Wine Service and Education Centre
     ロンドンに本部があるワインの最高の教育機関であるWSET(Wine and Spirits Education Trust)の教育やソムリエ資格が取得できる香港の教育機関
    ※2:香港の日本酒・食専門誌

2 開催日時・スケジュール
 (1)海外有識者による日本酒醸造セミナー
    日 時:3月6日(火)13:30~17:00
    会 場:ホテル北野プラザ六甲荘 
    内 容:海外有識者による香港やアジア各国における日本酒の嗜好性や日本酒市場の状況についての講演
    参加者:県内コンソーシアム構成員、酒造組合、県酒米振興会、JA全農兵庫、農協、ジェトロ神戸、県関係者
 (2)県内酒造メーカー訪問・取材
    日 時:3月7日(水)10:30~16:30 
    訪問先:県内酒造メーカー4社(訪問スケジュールは別紙1

3 その他
 本セミナーは農林水産省の革新的技術開発・緊急展開事業(別紙2)により「次世代酒米コンソーシアム」を構成し、当センターが代表機関として運営しています。

4 お問い合わせ先:兵庫県立農林水産技術総合センター酒米試験地(コンソーーシアム事務局)
   担当者:主任研究員 杉本琢真 TEL・FAX:0795-42-1036

                          トップページへ