兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-


兵庫県立農林水産技術総合センター「試験研究成果発表会」【農業部門】の開催について

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
11月24日
(金)
兵庫県立農林水産技術総合センター

0790-47-2408

所長  山内 博司
 (研究主幹 山中 正仁)
北播磨県民局
県政記者クラブ
 近年、夏の極端な高温や冬の温暖化など、気象変動が地球的規模で問題となっています。特に農業生産においては生育不良や品質の低下に加えて、凍害の発生など壊滅的な打撃を受ける場面も多くみられ、異常気象は農作物の安定生産に大きな支障になっています。そこで今回、「気象変動に対応した技術開発」をテーマに、兵庫県立農林水産技術総合センターでこれまでに開発した、あるいは実施中の試験研究の発表会を下記のとおり開催します。併せて、兵庫県では「西日本一の産地を目指して」を目標にイチジクの産地振興を進めており、成果が上がりつつあります。その取り組みについて、パネルディスカッション型式で検証し、今後の展望を見出します。

                    記 

1 日 時  平成29年12月8日(金)午後1時から午後4時30分まで
2 会 場  兵庫県立フラワーセンター 花の展示ホール (入場及び駐車無料)
        〒679-0187 加西市豊倉町飯森1282-1 TEL 0790-47-1182 
3 内 容
(1) 開会あいさつ 農業技術センター所長 相野 公孝
(2) 成果発表            
 1)気化熱利用でイチゴの株元冷却 ―兵庫方式高設栽培装置の改良― 農産園芸部 山本晃一
 2)自作もできる!簡易設置型パッド&ファンで夏場のハウスを加湿冷却 農産園芸部 渡邉圭太
 3)鉢物・花壇苗春季出荷作型品目のEOD加温技術の開発 農産園芸部 水谷祐一郎
 4)クリ凍害の危険度判定と対策技術 農産園芸部 水田泰徳
 5)高温に強い水稲品種開発の取り組み 農産園芸部 篠木 佑
 6)近年のチョウ目害虫の発生動向 病害虫部 三浦宏晴
(3)研究・普及・行政一体の取り組み
 「イチジク振興〜西日本一の産地を目指して〜」
 コーディネーター 企画調整・経営支援部 桂 裕之
 発表者 農産園芸部 真野隆司
      北部農業技術センター農業・加工流通部 小河拓也
      神戸農業改良普及センター 普及主査 岡本哲也
      北淡路農業改良普及センター 山谷 聡
      農政環境部農産園芸課 黒田英明
(4)総括・講評 農業技術センター所長 相野公孝
(5)閉会 県立農林水産技術総合センター所長 山内博司

チラシはこちらです。

                          トップページへ