兵庫県立農林水産技術総合センター
お知らせ -記者発表-


今年品種登録された本県の新品種イチゴの収穫始まる

月/日
(曜日)
事務所等名 電 話 発表者(担当者) 配布先
12月22日
(金)
兵庫県立農林水産技術総合センター

0790-47-2423

所長  山内 博司
 (研究主幹 松浦 克彦)
北播磨県民局
県政記者クラブ
 兵庫県オリジナルのイチゴ品種を望む声を受けて、農林水産技術総合センターで育成した新品種2品種の収穫が始まりました。
 甘くておいしさ自慢の「あまクイーン」、果実が大きくインパクトの強い「紅クイーン」はこの時期、県内各地で収穫が始まり、イチゴ狩り等で口にすることができます。
 詳しくは別紙の生産者一覧を参考にお問い合わせ下さい。


1 新品種の特長 (別紙1参照
(1) あまクイーン(兵庫I-3号)
・「とちおとめ」に、「さがほのか」の花粉を交配した中から選抜。
・果実は「さがほのか」と同程度の大きさ(20g程度)で、最大糖度は15度程度と高い。果肉は軟らかいが、果皮は比較的強く扱いが容易。
(2) 紅クイーン(兵庫I-4号)
・「さちのか」に、「とちおとめ」の花粉を交配した中から選抜。
・果実は25g程度と大きく、最大糖度は13度程度。
・つやのある鮮やかな赤い果実で、果肉はしっかりした歯触りです。
 *これらの品種は様々な品種・系統を交配して、選抜・試作の結果、平成29年2月に品種登録(兵庫I-3号、兵庫I-4号)されました。なお、愛称(あまクイーン、紅クイーン)については一般公募のうえ決定し、平成27年6月に商標登録されています。

2 主な栽培農園 別紙2参照
3 問い合わせ先
兵庫県立農林水産技術総合センター 農業技術センター 農産園芸部
上席研究員 山本 晃一
   〒679-0104加西市別府町南ノ岡甲1533 
 電話:(0790)47-2423  ファクス:(0790)27-8433

                          トップページへ