センター雑感

当センターの各部署が順に担当して、季節の風景や出来事など様々な話題を紹介します。
今月は農業技術センター 農産園芸部 次長 桑名 健夫が担当します。

土づくりに堆肥施用! 堆肥施用は本当に効果あるのか?

年内穫りキャベツ栽培に、牛ふん堆肥を施用しました。

   
堆肥舎の完熟オガクズ入り牛ふん堆肥

増収効果、生育促進効果が大きかったです!

堆肥無施用+慣行施肥(左)、堆肥3t/10a施用+慣行施肥(右)





堆肥施用土壌では、キャベツは少ない窒素吸収量で大きく育ちました。堆肥を施用すれば少ない肥料でも効率よくキャベツは生育すると考えられます。

なぜこのような好結果になるのか、詳しい理由を上手く説明できません。不思議だなあと思いつつ、増収するという事実にただ納得するばかりです。

堆肥施用による土づくりが生産安定の基本であることを改めて教えられました。

「センター雑感」のリストページへ