文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター

センター雑感

今年は遅く感じた「春の訪れ」

  当センターの各部署が順に担当して、季節の風景や研究推進上の出来事など様々な話題を紹介します。
    今月は、農業技術センター 環境・病害虫部 部長兼病害虫防除所長 山下 賢一 が担当します。
 私は4月に毎年「春の訪れ」を感じます。花の便り、ツバメの到来、タテハチョウの飛来、肌で感じる温度、春の山野草の萌芽等々・・・
 今回、AMeDAS福崎地点の温度データをみてみました。今年の日平均気温の変化は1、2月は平年より気温が低く、3月は日変動が大きく、4月はまた低くなったことが読み取れました(図1参照)。4月30日までの日平均気温の積算値は、平年の804日度に比べ、82℃低い値を示しており、日数にして7日程度「春の訪れ」が遅れたといえます。実際、虫の発生は遅れ、春の山野草の一種でありてんぷらにしたら美味しいコシアブラの萌芽も10日程度遅れていました。
 比較のために去年の様子もみてみました。4月30日までの日平均気温の積算値は、平年の804日度に比べ70℃高かった。特に2月末からは4月並の気温の日が多くなり、「春の訪れ」は異常に早かった。しかし、暖かい日が続く中に低温の日があり、農作物に低温障害が多くみられました。また、7~10月の長期間にわたって平年より気温が高く、暑い夏から短い秋でした。この長期高温が、水稲生育を害して、極早生のキヌヒカリから、中生のヒノヒカリまで米の品質に大きく影響し、県産ヒノヒカリは過去80%程度だった一等米比率が16%と大きく低下しました。
 日平均、日最高、日最低気温のデータは植物の生育の早晩や昆虫の発生時期を考えるとき最も基本となる値です。下の参考の表に示す昆虫の発育零点と有効積算温度の値をもとにして日平均気温から各昆虫の発育日数が求められます。農作物の害虫の発生時期の予測を行う場合に応用できますので皆様一度計算してみてください。

【語句の説明】
発育零点:昆虫など変温動物の体温は周囲の温度の影響を受け変化し、発育の早さが変わる。発育が停止する温度を発育零点(発育限界温度)という。
有効積算温度:発育零点を差し引いた温度を発育に有効な温度とし、各生育期間に必要な有効な温度の積算は一定である。その積算温度を各生育期間の有効積算温度という。
     
発育日数= 有効積算温度

日平均気温 - 発育零点

【参考】  表  主な昆虫の発育零点と卵から成虫羽化までの有効積算温度
昆虫の種 加害する植物 発育零点  卵から成虫羽化までの
有効積算温度
越冬態
クモヘリカメムシ 水稲 10.0 516 成虫
ホソハリカメムシ 水稲 12.8 469 成虫
ホソヘリカメムシ ダイズ 13.3 327 成虫
アカスジカスミカメ 水稲 12.0 288 卵(組織内)
クサギカメムシ 果樹 11.7 580 成虫
コナガ アブラナ科 9.2 294 幼虫
イチモンジセセリ 水稲 10.3 493 幼虫
ハスモンヨトウ ダイズ その他 10.3 526 幼虫
トビイロウンカ 水稲 11.9 299 -
ワタアブラムシ 多種 3.5 114 -
マメアブラムシ マメ科 7.7 84 -
[ご相談・お問い合わせ]
兵庫県立農林水産技術総合センター 農業技術センター 環境・病害虫部
TEL:0790-47-2419 FAX:0790-47-0549
「センター雑感」のリストページへ