文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
兵庫県立農林水産技術総合センター

私の試験研究

当センターの各部署が順に担当して特徴的な、試験研究等の実施状況を紹介します。
  今月は、農業技術センター 農産園芸部 主任研究員 須藤 健一  が担当します。

「コウノトリ育む農法」による水稲栽培は生物多様性の指標となる「生きもの」が豊かです
 兵庫県北部の平地から中間地では、自然放鳥されたコウノトリの定着を目指して有機・無農薬栽培、減農薬栽培の環境創造型農業「コウノトリ育む農法」で水稲栽培に取り組んでいます。
「コウノトリ育む農法」などの環境創造型農業は、多様な「生きもの」を育んでいます。その中でも特徴的に出現し、指標となる「生きもの」を簡単な調査方法で特定できました。 
「コウノトリ育む農法」による水稲栽培の要件
「コウノトリ育む農法」による水稲栽培の要件
具体的な調査方法
具体的な調査方法


水中生きもの調査 畦のカエル調査
 「コウノトリ育む農法」を特徴付ける生きもの
 水の底の泥の中に棲む生きものではイトミミズ類、カエル類ではトノサマガエル、水生生物ではコミズムシ、ヒメアメンボ、ゴマフガムシ幼虫・成虫、ゲンゴロウ科数種の幼虫・成虫、払い落としではヤサガタアシナガグモ、すくい取りではアジアイトトンボが慣行圃場より数多く確認されました。
無農薬、減農薬および慣行圃場で確認された各生きものの頭数(2009年)
調査方法は種類によって異なる。
取り組み効果の指標生物種の一例
 今年は、名古屋でCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が開かれるなど、生きものの多様性についての関心が高まっています。これを契機に、身の回りの田んぼに棲んでいる様々な生きものに目を向けてみるのもいいものです。

【ご相談・お問い合わせ】
兵庫県立農林水産技術総合センター 農業技術センター 農産園芸部
TEL:0790-47-2410 FAX:0790-47-0549

私の試験研究リストページへ