トップページ 生産者・技術者の皆様 研究者・研究機関の皆様 県民の皆様 センターについて
見学風景
(趣  旨) 当センターの施設を使用することにより、技術知識を交換し、又は試験研究に関する技術の向上を図るために研究員又は学生(以下「研究員」という。)を受け入れる。
(申請者) 都道府県、市町、大学、農業大学校、農林水産業団体等
(受入基準) 期間は原則1年、課題がセンターの業務と密接に関連し、知識、能力、経験があること等
(修了証書) 修了者には修了証書を交付します。
詳しくは、【兵庫県立農林水産技術総合センター研究員受入要綱】(PDFファイル:118KB)をご覧下さい。

○農業大学校では、農業を新たに始めようとする方などに対し研修を行っています。
 詳しくは、【農業大学校の研修案内】のホームページをご覧下さい。
研究員などの受け入れ
 兵庫県立農林水産技術総合センターでは、農林水産業団体や大学などから派遣される研究員や学生、農業高校の教諭、本県の姉妹州省やJICA(独立行政法人 国際協力機構)などからの研修生など、幅広く研究員や研修生を受入れをしています。
 さらに、農業高校生の研修や中学生のトライやる・ウイークなども受入れをしています。
○研究員の受入制度について、ご案内します。