開発した実用技術>野菜>茎菜
開発技術名 「は種・定植期を遅らせ平床植えを行う岩津ネギの新作型の開発」
技術開発の経緯
 岩津ネギの夏期の高温、排水不良等による生育不良や病害多発を回避する栽培技術の確立が求められている。
開発技術の内容
 セルトレイへの6月播種は、育苗時のさび病を回避し、8月中下旬の平床植えにより慣行と同等の収量が得られることを解明、さらに、慣行の地床苗を平床に機械移植も可能
期待する効果
 生育も旺盛で高品質安定生産が可能
連絡先 北部農業技術センター農業・加工流通部 079-674-1230