開発した実用技術>野菜>茎菜
開発技術名 「タマネギ残さのほ場還元技術」
技術開発の経緯
 淡路地域ではタマネギ鱗茎残さが年間11,000t程度発生する。炭化処理施設は最大2,200tであり、簡易で安全な残さ処理法が求められている。
開発技術の内容
 タマネギ残さ0.5t/10aをロータリー耕によりほ場還元し、水田化(水稲作)すれば、次作への影響はないことを検証
期待する効果
 炭化処理等との併用により、収穫時残さ100%処理が可能
連絡先 淡路農業技術センター農業部 0799-42-4880