文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を拡大する
 
兵庫県立農業大学校
_
HOME トピックス 専攻日記 学校案内 教育 研修 リンク
_
 
 
研修
_
_
総合案内 短期研修 長期研修 ご連絡 空欄_研修 空欄_研修 空欄_研修 _
_
 
◇◇平成29年度 新規就農者等育成研修(実践研修)追加募集◇◇

 兵庫県内で本格的に就農をめざす方を対象に、農業大学校の施設等を利用し、1年間をとおして栽培から販売まで実践的な農業生産を実施する実践研修です。

(1) 研修期間  平成29年9月1日から平成30年8月31日までの1年間
(2) 研修生の要件

 @ 兵庫県の農業振興に熱意を持つ身体強健な者で概ね45歳以下の者
 A 近い将来、兵庫県内において就農を希望し、かつ、野菜又は花き栽培での就農のプランを持つ者
 B 一定以上の農業に関する知識を持ち、兵庫県の平均以上の農業経営(所得)を目指す意欲と実行力を有する者
 

(3) 研修方法

 @ 各自パイプハウス2棟等を活用し、自ら樹立した栽培計画に基づいた農産物(野菜、花)の生産
 A 生産物の販売
 B 栽培管理、労務管理、販売管理など経営管理を実施し、実現可能な営農計画の作成
 

(4) 研修経費

  研修経費のうち、栽培に係る種苗、農薬、肥料、暖房機に係る燃料費、荷造り・出荷・販売経費等の費用は研修生の自己負担と
 します。
  ただし、県が整備し無料で貸与するハウス、機械等に係る光熱水費、機械の維持管理費等は農業大学校の負担とします。
 

(5) 研修条件

 @ 研修生は、研修期間中自己の責任において作物、施設等の管理をすること。
 A 閉庁日の研修においては、農業機械の使用は認めない。
 B 研修期間中におけるけが等は、自己の責任において処理することとし、農業大学校への補償、賠償請求はできないものとする。
   また、傷害保険に必ず加入しなければならない。
 C 故意または過失により施設等を損壊した場合は、自己の責任において原状に回復し、又は生じた損害を賠償すること。
 D 研修期間が終了したとき又は研修許可が取り消されたときは、直ちに施設等を原状に回復すること(ただし、ほ場への投下資材は
   この限りとしない。)。
 E 施設等を第三者に転貸し、又はその使用の権利を第三者に譲渡してはならない。

(6) 宿泊施設の利用

   農業大学校研修宿泊棟で宿泊が可能です。
   宿泊室使用料:1人1泊につき1,500円 [別途 夕食400円、朝食300円]
   宿泊料の減免:8日以上の連続利用は8日目より1泊550円
 

(7) 応募方法

  受講申込書に記入し、返信用封筒を同封の上、農業大学校研修課まで郵送にて申込み下さい。
 
 @ 募集期間 平成29年7月3日(月)から7月31日(月)まで
 A 募集人数 若干名
 B 申込書類
   ・受講申込書(応募用紙)(ワードファイル様式)
   ・返信用封筒(宛先を記入し82円切手を貼付した定型3号封筒)



(申し込み・問い合わせ先)
〒679-0104 加西市常吉町1256-4 TEL:(0790)47-2445 FAX:(0790)47-1772
農業大学校 研修課

一覧に戻る 研修案内に戻る ↑ ページトップへ
_
 

line
兵庫県立農業大学校
〒679-0104 兵庫県加西市常吉町1256-4
TEL 0790-47-1551(教務課):大学校生教育の企画・実施、0790-47-2445(研修課):農業者等の研修企画・実施
FAX 0790-47-1772  E-mail:Nouringc_noudai@pref.hyogo.lg.jp
Copyright (c) Hyogo Prefecture All Rights Reserved.

line