兵庫県 森林林業技術センター

 森林の育成・管理の研究、森林病虫害防除の研究、環境に配慮した森づくりの研究、木材の加工および利用方法の研究などを行っています。

研究員

所 属 氏 名 研究分野又は担当事務
森林活用部
主席研究員兼研究主幹
山瀬 敬太郎 森づくり試験研究の技術的指導・助言に関すること
資源循環型林業(更新技術)の推進に関すること
災害に強い森づくりの評価に係る試験研究及び効果検証に関すること
環境に調和した森づくりに係る試験研究に関すること
森林活用部
主任研究員
藤堂 千景 災害に強い森づくりの造成に係る試験研究及び効果検証に関すること
森林におけるきのこ類の利用及び森林の育成に係る試験研究に関すること
森林活用部
主任研究員
小長井 信宏 災害に強い森づくりの造成に係る試験研究及び効果検証に関すること
森林活用部
研究員
伊東 康人 森林の育成及び経営に係る試験研究に関すること
森林病虫害防除に係る試験研究に関すること
木材活用部
研究員
山田 範彦 木材加工及び乾燥に関する試験研究に関すること
木質材料の開発に関すること
木材活用部
上席研究員
永井 智 木材の材質、強度の試験研究に関すること
木材の組織、心材形成の試験研究に関すること
木材活用部
主任研究員
高山 勉 資源循環型林業(木材利用)推進に関すること
木質バイオマスの試験研究に関すること

試験研究成果

森林活用部
20 スギ高齢林における埋土種子分布とその環境要因 (生態学会2015)
19 低木樹種2種の根系における崩壊防止力の検討 (緑化工学会2015)
18 針葉樹人工林における群状伐採1年後に出現した樹木の分布と種特性 (生態学会2014)
17 ニホンジカ高密度総則域における森林伐採10年後の埋土種子相 (緑化工学会2014)
16 小面積伐採地に植栽した広葉樹3種の活着及び初期成長 (森林学会2014)
15 土壌シードバンクの種子密度と種数,種子組成の7年間 (緑化工学会2013)
14 隣接林分でのスギとケヤキの引き倒し試験 (森林学会2013)
13 兵庫県におけるナラ類集団枯損後の林分構造と種組成 (生態学会2013)
12 間伐がスギの引き倒し試験に与える影響 (森林学会2012)
11 暖温帯域での高齢化した里山構成種7種の萌芽能力 (緑化工学会2012)
10 兵庫県里山域のニホンジカ生息地における樹木種の動態 (緑化工学会2011)
09 コナラの発根と接種源菌糸の生存に注目したホンシメジ菌根形成適地 (きのこ学会2011)
08 スギ人工林の間伐が水平根分布に与える影響 (生態学会2011)
07 間伐木を利用した筋工による森林表土の流亡抑制 (緑化工学会2010)
06 ナラ枯れによる兵庫県里山地域の林分構造の変化予測 (生態学会2010)
05 ギャップサイズがヒノキ人工林の広葉樹林化に与える影響 (森林学会2009)
04 森林の侵食土砂中に含まれる埋土種子量 (緑化工学会2009)
03 常緑広葉植物量が里山管理11年後の群落構造に及ぼす影響 (造園学会2008)
02 埋土期間中の土壌水分が森林樹木種子の発芽率に及ぼす影響 (緑化工学会2008)
01 生物多様性に配慮した緑化工法施工事例集 (その他2008)

木材活用部
08 -スギの横架材利用を促進する技術開発- 高強度梁仕口 Tajima TAPOS(R) (その他2017)
07 木材ヤング係数測定システム“WoodFFT”の実用化 (その他2017)
06 電子顕微鏡でみる木材の構造 (その他2016改)
05 スギ材の構造Q&A (その他2016)
04 スギ・ヒノキ心持ち構造用製材における低温-高温乾燥材の含水率・強度比較 (木材学会2012)
03 スギ一樹種のみで高強度の梁桁材をつくる -圧密ラミナを複合した集成材の開発- (その他2009)
02 活用しよう木材の調湿・断熱効果(Ⅰ~Ⅳ) (その他2007)
01 県産スギ材によるエンジニアードウッドの生産技術 (その他2006)

根系調査


木材強度試験


土砂流出調査


Tajima TAPOS強度試験


植生調査


引き倒し試験


森林林業技術センター
〒671-2515
宍粟市山崎町五十波430
地図  所内図
TEL:0790-62-2118
FAX:0790-62-9390
Mail:Nouringc_shinrin
@pref.hyogo.lg.jp